ベーシックインカムと前文への確率について私の手答え

ベーシックインカムというコピーが近頃書籍や討論放送などで耳にする機会が増えた気がします。これだけ報せされ討論受けるはこういうプロセスが現実味を帯びてきたということでもあります。
真にスイスではベーシックインカムの努力系統配置についての一般人投票が行われました。世界的に見てもこういうベーシックインカムという人前プロセスは求められているプロセスなのかもしれません。先ず、ベーシックインカムについて簡単に注釈しますが、一般人1方1方に月収生活に必要な決まった額の原資を誰彼かまわず配るという人前プロセスの事を言います。一部ではこういうプロセスは究極の人前補填ともいわれ、こういうプロセスがあればせめて食うに困ることは弱いということでもあります。そうして、その反面日々維持や一般人年金などの既存の人前プロセスは消え去り、ベーシックインカムに1本化されることになります。こういうプロセス身個人的には急遽導入してほしいというのですが、何となく勝利は厳しいらしいです。そのベーシックインカム勝利が難しいと言われているポイントの一つが人前補填費をどのようにして賄うかということが主な欠点となっています。それについてこちらはAIの力を借りれば大丈夫だと思います。AI手並みのトレーニングによって、方が動く必要がなくなる社会になると思われます。その中で、AIが創造する収穫はどうにかどしどし大きくなっていきます。こういうAIが考え出す収穫を人前補填費に回すことができれば、ベーシックインカムなど簡単に実現できるのではと身は思います。時給の高いバイトで効率的に稼ぐ